食べ物は健康に直結するので管理をしっかりと

IMG_9547クッキーちゃんの訪問レッスンを行いました。

クッキーちゃんのお宅では、ご飯の食いつきの悪い対策としてある程度の時間で食べなくともお皿ごと引くようにお願いしています。

近況をお聞きすると、食べようとしないにも関わらず、お皿を引こうとすると唸るとのことでした。

同じタイミングで家族がご飯を食べているようで、分けてもらえるかと近くで待ち、人が食べ終えると自分のご飯を食べに戻るようです。

まずは人の物をあげないことと、人が食べ終わってからクッキーちゃんのご飯を出した方が良いかもしれないですね。どちらにしても諦めることを学んでほしいですね。

ご飯を食べない問題には下記のページも参考にしてください。
ご飯を食べなくなったら?

最近散歩中に吠えることが再び出てきていて、アイコンタクト(こちらへの集中度)も弱いようなので、一定期間”アボアストップ”を装着し、並行してアイコンタクトの練習をすることにしました。

アイコンタクトの意識を強めるために、おやつも”茹でささみ”に一時的に変更。
以前は他人や他犬と遭遇しても吠えない状況までになっていたので、まずは同じくらいにまで戻しましょう!


普段からおやつを持っていないと呼んでもこないことが多いとのことで、今回はターゲットハンドを使った呼び戻しの練習を行いました。

パーにした手を見せて「おいで」と言い、手にタッチできたら”必ずおやつをあげる”ようにします。

このように後でごほうびをあげることで、”今手に持っていなくてももらえる”ことを伝え、おやつのあるなしで物事を判断しないようにすることが出来ます。

この項目は必ず家族全員が行うことが大切です。
年明けには呼ぶとすぐに駆け寄ってくるように練習しましょう(^ ^)

呼び戻しについては下記のページも参考に。
犬を呼んでもこないという状況を解決!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ