諦めやすい環境づくりを

IMG_0628今回は”ココアくん・クーくん”のお家へ訪問しました。

お話を聞くとココアくんは最近夜中にベランダへつながる扉を手でカリカリして外に出たいと要求するようです。

以前もあったのですがその際には無視をすることで落ち着きましたが、最近はそれで出してもらえないとなるとこちらに近づいてきて体を引っ掻いてきたり鳴くこともあるようです。

ココアくんは今でこそほぼ咬むことはないですが、レッスン当初は本気咬みをして大変でした。

性格も神経質な部分があり、下手に怒ると噛みにつながる可能性があるため、この場合にはやはり無視が妥当です。

また、出来るだけココアくんが”諦めやすい環境作り”が重要です。
今回のケースではそもそも扉付近に近づけないように物を置いておくのがベスト。

リードを2本分ほどつなげて机の脚などにくくりつけてこちらにも近づけないようにすることも一つの対策といえます。

まずは上記を試して様子を見ましょう(^ ^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ