褒め言葉を使ってしっかりと褒めましょう!

IMG_8376”褒め言葉”という言葉をご存知でしょうか?

褒め言葉は”正解の合図”とも言われますが、こちらが指示したことを犬が出来たときにそれが正解だということを教えてあげる言葉です。

おすわりが出来たとき、トイレが出来たとき、散歩中にこちらを見たときなど、愛犬を褒めるタイミングは思っている上にたくさんあります。

以外と褒めるということは難しく、多くの人は愛犬に対して的確に褒められていません。
それは褒める瞬間を逃したり、褒め方が良くなかったりと様々です。

褒め上手な飼い主さんの愛犬は、とても楽しそうに指示を聞き、しっかりと言うことを聞いています。いわゆるお利口さんが多いのです。

私のレッスンを受けている方は、レッスンを通して褒め方もしっかりとマスターしていきましょうね。


ちなみに、褒め言葉は「そう!」や「YES!」、「GOOD!」などにしている方が多いですよ。
ポイントは出来るだけ短い言葉で、すぐに出るような言葉が理想的です。

以前、無理に格好つけて「YES!」にした方が、ふとした瞬間に愛犬が良いことをしたときに褒めようとしたとき、”褒め方なんだっけ?”ということがありました(笑)

これでは意味がないので、あくまでとっさにでも出る言葉にしましょう。
もちろん、家族の統一も大切な要素ですからお忘れなく。

褒めるべきタイミングは良いことをした瞬間です。
”座った瞬間”、”ふせた瞬間”、”トイレができた瞬間”などに「そう!」と言っておやつをあげて褒めましょう。

繰り返し行っていく過程で、犬は「そう!」という言葉とおやつを結びつけ、「そう!」と言われると良いことがある、いわば正解だということを認識します。

今日から積極的に使っていきましょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ