肥満傾向のわんこは自発的な行動が低下しやすい

20160319今回はココアくん・クーくんの訪問レッスンを行いました。

クーくんは前回の課題”足タッチ・タップ”がしっかりと出来るようになっていました!

これまでは”ココアくん”がメインで進めてきましたが、これからは”クーくん”にも頑張ってもらいます☆

今回の課題は”マットトレーニング”です。
あっという間に自分でふせるところまで出来るようになってこちらもビックリ。

また、クーくんはこれからダイエットも行っていきます。
私の経験上、どうしても肥満傾向にあるわんこは自発的な行動が低下(必要以上に動こうとしない、散歩が億劫になる)するため、余計に肥満度が高まってしまいます。

肥満は健康、足腰など様々な問題を引き起こすためしっかりと食事管理から行っていきましょう。

クーくんの場合には、食事以外の食べ物(人の食べ物を盗む)などの問題も関係しているので、まずはその部分の管理を家族で協力して徹底しましょう。

さて、ココアくんは”ダンス”の特訓中。
今日は親戚の方々も来ていてギャラリーのいる中、これまでで一番きれいにやりこなすことができました!

何よりも本人がとても楽しそうにしていたのが印象的でした。
今後は”人の振り付け”も取り入れながらダンスを楽しみましょう(^ ^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ