絶対的な安心感と楽しいことを見つけましょう!

IMG_9619”まさしくん”の訪問レッスンを行いました。

”まさしくん”は、来月で3歳になるチワワの男の子で、これまで以前の飼い主さん→保健所→保護犬カフェという流れを経て今の飼い主さんのお家へ来ました。

保健所にいたのが1ヶ月ほど、保護犬カフェにいたのは2日ほどということで、おおよその期間を以前の飼い主さんのお家にいたことになります。

まさしくんの性格はとても怖がりで、こちらが触ろうとする手にとても警戒して噛みにくることから、以前に体罰を与えられていたと考えられます。

とくにお母さんと比べてお父さんに対しての警戒心が強いことから、男性への苦手意識は強いようです。

今日でお家に来て一週間ですが、サークルに近づいた時に吠えなくなったり、同居犬(アメリカンコッカー)に近づくようになったりと、当初と比べて少しずつ良い変化も見られるようです。

また、トイレはほぼ100%成功しているとのことで素晴らしいですね。

最終的には普通に触れるようになり、噛まなくなることですが、そのためには幾つかの項目を解決しなければなりません。

まずは”食事”です。
現在は手作りのハンバーグを与えているのですが、普段食べているベースの食事が手作り食となると、今後のトレーニングで使うおやつとの価値としての区別がつかず効率が悪くなったり、先のことを考えれば体にも良いとは言えないので、ドライフードをベースとするべく、今後は食べなくとも引くことをお願いしました。

また、これまでに”褒められる”ということが絶対的に不足していて自信がないので、普段から良い行動に対してはどんどん褒めることも重要です。

まずは現在成功率の高いトイレについてどんどん褒めるようにすると良いでしょう。
“良いことをしたら褒めてもらえる”ということが自信につながります。

絶対的な安心感を抱かせるために、一ヶ月程度は出来るだけ警戒の唸りにつながる行動をしないことも大切なことです。

また、ご飯をある程度食べるようになったら口輪を付ける練習をして、触られることに対して良いイメージを持つ練習も行っていきましょう(^ ^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ