社会は欠かせないこと!でも無理強いは禁物です!

20150830私はこのブログでも常々、子犬には社会化が大切で散歩をはじめ、他人や他犬との接点をつくりましょうとお話ししています。

ところが、愛犬が怖がっているようであれば、他犬や他人と会わせる時にも慎重に進めなければなりません。犬が嫌がっている状況で無理くり犬同士を近づけて挨拶や遊ばせることで、かえって犬嫌いになるケースもあります。

犬同士が関わりを作っていく段階では、人が適切に介入していかなければなりません。
パピー教室では犬が発する言葉を勉強しながら、人の介入するタイミングなどもお伝えしています。犬によって遊び方が異なるので、おのずと介入するタイミングも異なります。
わんちゃんの勉強以上に、飼い主さんの勉強も大切なことです。


今日は『天王寺どうぶつ病院』にてパピー教室を開催しました。
今日の教室に参加してくれたのは下記の3匹のわんちゃん達です。

ミニチュアダックスのかいくん
201508304

シェットランドシープドッグのゆきちゃん
201508303

トイプードルのルルちゃん
201508302

3匹ともとっても可愛いですね。
子犬は見た目も動きも可愛くてずっと見ていられますよね。

ダックスの”かいくん”は現在4ヶ月のわんちゃんで、今回が初参加です。
教室の環境に少し怖がっている様子で、最初はおやつも食べられませんでした。

時間とともに少しずつ慣れてくると余裕が出てきたのか、
ゆきちゃんに遊びを誘おうとするなどの動きも見られました。
かいくんのような少し怖がりなわんこは、自信を持たせるためにも教室や幼稚園などの管理された場所で経験を積むことが大切です。
今後も引き続き、他人や他犬との関係性を学びましょう。

ゆきちゃんは現在3ヶ月少しのわんちゃん。
最初は自分から挨拶に行くけど、来られるのはちょっと怖いタイプのわんこでした。
こういったわんちゃんには、周りの子が激しい挨拶(追い方)をしないように管理して自信を持たせることが大切です。最終的には活発なルルちゃんとも良い感じで遊べました。

ルルちゃんは5ヶ月の活発わんこです。
人にも犬にも全く物怖じせずに積極的に向かっていくのは良いのですが、
どうしても勢いで行ってしまって周りのわんこが怖がる結果を作ってしまい、
ルルちゃんにとっても悪い遊び方が身についてしまうため、
激しく向かっていく際にはこちらが止めながら、良い誘い方が出来るように練習中です。


3匹とも、次回のパピー教室に参加予定です。

ちなみに次回は9月13日を予定しています。
ご興味のある方はお早めに病院または私までご連絡ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ