病院とも協力してトレーニングを進めています!

IMG_8866『ゆうなぎ動物病院』にて、つなでちゃんのプライベートレッスンを行いました。

つなでちゃんの対応には病院の看護師さんや獣医師さんにも協力のお願いをしています。

診察の時に名前を呼ばれた時や診察室に入る瞬間に獣医さんに対してかなり吠えるところがあり、お母さんがいるとなお強くなることから、看護師さんと相談してまずは診察室でお母さんと病院スタッフが会わない(つなでちゃんがいる時)ように対策することにしました。

細かい流れと結果は下記の通りです。

①診察室に家族のみが入る
②つなでを診察室内のドッグパーキングへ付ける
③飼い主さんが診察室から出る
④看護師が診察室へ入る(この時に2回だけ吠えた)
⑤獣医師が入る(この時にも2回吠える)
⑥処置室へ連れて行き検査
⑦診察室で獣医さんと飼い主さんとだけで診察結果の話
⑧看護師がリードを付けて連れてくる(吠えなかった)

通常の診察の流れであれば今回よりも吠えはきつくなるので、今回の対策は一定の効果が見られました。今後も診察の対応を細かく精査して改善していきます。


IMG_8860今日はジェントルリーダーの装着練習をメインに行いました。

ジェントルリーダーは写真のようにノーズループ(口周り)とヘッドループ(後頭部あたり)の二つの部分があり、わんちゃんによってはかなり嫌がり、次に装着しようとしても嫌がって付けられないということもあります。

そうならないように、装着されることに対して嫌なイメージを持たせないように、おやつをあげながら付ける練習を行います。

装着の練習をした後は散歩へ行きました。
様子を見ているとジェントルを付けることで、すぐに吠えるのではなくある程度冷静に見ることが出来ているので、今後もジェントルを使いながら進めていきます。

つなでちゃんに必要な項目は”アイコンタクト”です。
外で吠えそうなタイミングにおいて、こちらに集中させることでやり過ごせるようになるためには必須項目です。まずは室内で練習しましょう(^^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ