生活に合ったしつけサービスを受けよう!

犬を飼うと本やインターネットの情報だけでは解決できない問題が出てくることも。
その際に、”しつけのサービスを受ける”という選択をすることになるかもしれません。

実際にドッグトレーナーからトレーニングを受けることは費用がかかる分、遠回りをせずに問題を解決していくことが可能です。

3つのしつけサービスについて

犬のしつけは大きく3つのサービスに分かれます。

しつけ教室

病院などでも開催されているしつけ教室の特徴は比較的安価だということです。
また、他の犬と一緒に受講するため、他犬や他人慣れも少なからずできます。

ただし、グループレッスンなので個別の問題には対応出来ないことと、曜日・時間があらかじめ決められているので融通が利きません。

出張訓練

トレーナーが自宅まで訪問して飼い主さんと共にしつけていきます。
お家での問題(吠えやトイレなど)にピンポイントでしつけられることと、マンツーマンレッスンなのでしつけが進みやすいところ、訪問日時をトレーナーと相談の上決めるので、融通が利きやすいのがメリットですが、その分費用が高いです。

預かり訓練(幼稚園・訓練所

犬の幼稚園は、基本的には人と同じで、朝預けて夕方お迎えの1日預かり制です。
訓練所の多くは、1ヶ月など長期間の預かりも行っています。

最近流行りの幼稚園は、1日預かりで、周りに犬もいることから慣れやすい環境にあり、トレーナーがしつけるので成長も早いです。

ただし、それはトレーナーが適切に管理をしていることが前提です。
管理が不十分であれば怖がりな犬はより怖がりに、イケイケな犬はどんどん遊び方が荒くなる傾向にあります。

また、1日預かりとなるのでどうしても金額は高くなります。

メリット デメリット
しつけ教室 ・価格が安価
・他犬や他人に慣らせられる
・個別問題に対応できない
・日時が指定されている
出張訓練 ・お家での問題に的確
・日時の融通が利きやすい
・価格が高価
・他人や他犬慣れが難しい
預かり訓練 ・他犬や他人慣れに最適
・犬の成長が早い
・価格が高価
・施設の管理次第

飼い主さんがしつけることは必須です

しつけのサービスにはそれぞれのメリット・デメリットが存在します。

これは全てに言えることですが、どのサービスを受けていてもお家で飼い主さんが並行してしつけていく必要があります。

預かってトレーニングしてくれるからといっても、お家でのしつけをおろそかにしているとトレーナーのいうことしか聞かない犬になってしまう可能性があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ