犬同士の喧嘩を止められるように関係づくりから

IMG_8848今回が初訪問となるお家へ訪問しました。

お家には年齢順に”ラスタくん(9歳)”※写真のわんこ、”ジャズちゃん(2歳)”、”ビービーちゃん(1歳半)”の3匹のわんちゃんがいて、みなダックスフンドです。

今回私が訪問したのは、”ジャズちゃん”と”ビービーちゃん”が最近喧嘩をしてひどいとのことで、以前から”ご飯が絡む”と喧嘩のようなことが起こっていたようですが、近頃目を合わしただけで喧嘩になったことから連絡がありました。

今回のレッスンで聞き取りと状況確認を行っていると、約1年前くらいにビービーちゃんがヒートになった辺りからひどくなってきているようです。近頃の状況を踏まえて、おとといくらいからサークルを別々に用意して管理しているとのことでした。

ビービーちゃんの物への執着心が強い傾向にあり、おもちゃや食べ物が関係している時や遊びが白熱してくると喧嘩に発展しやすいようです。

ラスタくんやジャズくんは呼び戻しをはじめ、こちらの指示をよく聞くのですが、ビービーちゃんは分かっていてもしない様子で気が強いので、今後はトレーニングをして興奮時でも指示を聞くことと、飼い主さんとの関係性を作って万が一の状況でもこちらが止められるようにしていきます。

食べることが大好きで物覚えも早いようですが、おやつの使い方に注意しながら進めていかなければ、”おやつがないと言うことを聞かない”という状況にもなりかねません。一歩一歩着実にステップアップしていきましょうね(^^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ