犬も人も褒められて伸びます!

20141124今日1日でどのくらい愛犬を褒めましたか?
1回?10回?たくさん褒められた人は素晴らしいですね。

基本的には犬も人と同じで褒められて伸びるもの。
人はどうしても犬の良い行動よりも、悪い行動に目が向いがちで、良い行動を褒められていないことが多いです。

今日はまだ一度も褒められていない人はぜひ愛犬の行動に目を向けましょう。
”トイレが成功した”、”おすわりができた”など些細なことで構わないので、たくさん褒めてあげてくださいね。


褒め方を工夫すると上級者になれます。
例えば、呼び寄せる時は少し大げさに、待たせる時は落ち着いた口調で褒めると良いです。
待たせるときに大げさに褒めると興奮して動きやすくなりますから。

また、興奮しやすい性格の犬に対して大げさに褒めると一気に大興奮してしまうので、そういった子には落ち着いて褒めるなど、犬の性格にも合わせて褒められるとGOODです。

あと、おやつをあげて終わりになっていないですか?
これは実に多いケースです。

おやつはわんちゃんにとって価値の高いものですし、もらえたという印象が強く残り、分かりやすくしつけで使うことも多いのですが、おやつをあげて終わりになってしまうと、いつまで経っても”おやつありき”の関係になってしまうので、おやつをあげるのと同時にしっかりと言葉や態度で褒めてあげましょう。

よく、「おやつを使うとおやつを持っていないということを聞かないのでは?」と聞かれるのですが、決してそうではありません。おやつを持っていないと聞かなくなるのは、いつまで経ってもおやつを持ってしつけているか、上記のようにおやつをあげて終わっているからなのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ