手術をした左後足を使って歩くようになってきました!

20151202のあくんのお家で訪問レッスンを行いました。

最近、のあくんが手術をした左後足を使って歩くようになってきたようです!

前回のレッスン時ではほとんど使っていなかったので、獣医さんからのアドバイスで”右後足に靴下や靴を履かせて違和感を持たせることで左後足を使わせる”という対策を講じたのですが、気にすることなく左後足も浮かせたままだったのです。

そんな中、前回のレッスンで”ここくん”のまての練習の中で”犬は本能的に、力が加わえられた際に逆向きに力を発揮する”という原理をお話ししました。

これは散歩中、犬の引っ張りに対してこちらが引っ張り返すと余計に引っ張ろうとする原理ですが、飼い主さんがそれを応用して散歩中少しだけ早く歩くようにすると、後ろに向かっての作用から自然と左後足を使うようになったそうです。

この対策が理想的なのかは微妙ですが、放っておくと一生その足を使わなくなると言われていたので多少強引な方法ですが良かったのかもしれません。

今ではお家の中でも前回と比べて格段に4つ足で歩くようになっています。
このままより使うようになれば筋肉がついて4つ足で問題なく歩くようになるでしょう。


さて、今日は主に”みうくん”と”ここくん”のレッスンを行いました。

”みうくん”は『スピン(後ろ向きに人の周りを一周する)』が手の誘導によりスムーズに出来るようになっているので、少しずつ誘導を減らしていきます。

手の誘導を減らせば減らすほどレベルは高くなりますが、それだけ見栄えがかっこよく見えます。

ここくんは数秒であればじっと待てるようになっているので、さらに待てるように今後も練習していきます(^^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ