愛犬と様々な項目にチャレンジしましょう!

20150819私は愛犬に様々なことを教えることをお勧めしています。
それは教えていく過程で必ずお互いに関係性が出来上がるからです。

何も難しい項目にチャレンジする必要はありません。
”おすわり”や”おて”、”もってこい”などを楽しんですることが大切ですね。


もこくんのお家のレッスンでは、現在様々な項目にチャレンジしています。
中には難しいものもありますが、出来るようになった時の喜びはひとしおです。

もこくんは現在『バーン』の練習中です。
前回の宿題ではおやつで誘導してふせの状態から横に倒れることを重点的に練習してもらっていたのですが、良くできていて綺麗に横に倒れるようになっていました。
そこで、手の合図(拳銃の形)と「バーン」という言葉で倒れられるように練習中です。

もう一つの課題である『真剣白刃取り』はおもちゃの剣では安定感が悪く難しかったのですが、写真のようにポスターなどの硬い棒状のものだとしっかりと出来ました。
素晴らしいですね。

みうくんの課題は『スピン』なのですが、徐々に動きを理解して、こちらが手でしっかりと誘導しなくとも出来るようになってきました。誘導を少なくすれば失敗しやすくなりますが、見た目はとってもかっこよく見えるのです。

実際にドッグダンスをしている人は少ししか合図を出していませんが、わんちゃんはしっかりとこなせていますよね。それも少しずつ誘導を抜いていったからに他なりません。

※スピン→後ろ向きに人の周りを一周する

ここくんは前回に引き続き『探知犬』の練習です。
前回までは1個の植木鉢で練習していたのですが、今日からは2個に増やして練習しています。
今回のポイントはしっかりと植木鉢の匂いを嗅ぐことと、ふせるところまでをしなければなりません。また、おやつが入っていない植木鉢はスルーすることも大切な要素ですね。

※探知犬→小さな植木鉢におやつを入れたものを複数用意し、犬はその中から入っているものを嗅覚を使って探し、植木鉢の前でふせることであることを知らせる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ