引越しに向けてクレートトレーニング!

IMG_6944”ルルちゃん”のプライベートレッスンを行いました。

以前にもレッスンを受講されていたルルちゃんも1歳3ヶ月になり、いつの間にか大人のわんこに成長していました。

飼い主さんが3月頃に海外への引越しを予定されていて、それまでに『クレートトレーニング』を入れたいとのことでしたので、レッスンを行うことになりました。

まずは、体長や体高の計測から。
クレートの理想サイズは、クレート内で顔を下げることなく4つ足で立てて、一回転出来るほどのスペースがあり、その条件を満たした上で出来るだけ狭いほうが落ち着きやすいです。

また、海外への引越しということで飛行機に乗ることになります。
犬を飛行機で連れて行く場合には基本的には空港会社が定めたいわゆる”ハードケース”しか乗せることができません。
ソフトケースでは連れていけないのであらかじめ調べておくことが重要です。

さて、測定した後は早速クレートトレーニング開始です。

ルルちゃんは先天的に耳が聞こえないので、「ハウス」などの言葉の指示を使うことはできません。

そこで、人がクレートの入り口を”トントン”と2回ほど叩くことをハウスに入ることの合図にすることにしました。

まずはおやつをクレートの中に一つ投げ入れてそれにつられて全身が入ったら、出てくるまでにさらに1、2つあげます。

ある程度繰り返してスムーズに入るようになったら、クレートの入り口を叩いてから誘導するようにします。

最終的にはクレートを叩いたらスムーズに入るようになりました。
お家でも引き続き様々なタイミングで練習することが重要ですよ(^ ^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ