一回一回の対応がとても重要ですよ

20160116”チョコちゃん”のご自宅へ初めてお伺いしました。現在5ヶ月の女の子です。

今回のレッスン課題は”サークル内での要求吠え”、”おすわりなどの基本項目を教える”、”散歩で歩けるようにする”ことの3点です。

サークル内では人が見える場所にいると要求がひどいとのことでした。

要求している時に抱っこをしているとのことで、要求が通ることを経験として理解しているため、要求の仕方も少し強めでした。

トイプードルの頭の良さから、こういった要求が通ることなどについてもあっという間に学習しますからこちらの対応は一回一回がとても重要と言えます。

要求吠えに関しては基本的には無視をすることがベターですが、人が見える時にひどいとのことですのでバスタオルなどで目隠しするのも一つの策です。

また、運動が足りているかどうかも要求と直結する問題ですので発散できる環境を整えることも重要です。

今日は最初にドッグフードを使って”おすわり”を教えました。
基本的には頭の重心を後ろに持っていくとお尻が下がって座る形になります。

おやつをかじらせながらゆっくりと口元から背中に向かって移動させると良いですよ。
地面にお尻がついたらおやつをあげて褒めてあげましょう。

最後に”散歩トレーニング”も行いました。
これまでに散歩の経験がほぼなかったそうですが思っていたよりも歩きました。

蛇行したり、立ち止まったりはするものの、状況だけを見ると慣れの問題でしょう。
今の時期の散歩は”社会化”という観点からも重要ですので、出来るだけ毎日散歩に行くようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ