ペット博の環境に圧倒されるも後半では心に余裕も

IMG_8854クッキーちゃんは先週の日曜日にペット博へお出掛けされたそうです。

当日の様子を聞くと、車の中から他犬に対して吠えていたようで、現地に着くまでは興奮状態にあったようです。

アボアストップを装着しても落ち着かなかったようなので相当興奮していたのでしょう。

私もその日は南港で訪問があったため会場(インテックス大阪)の近くを通りましたが、会場の外にも多くの犬連れの方々がいたのでクッキーちゃんとしては少しきつかったでしょう。

現地に着くと周りの環境に萎縮したようで吠えはしないものの今度はおやつも食べられない状況だったようです。いくつかサンプルのおやつをもらった中で”鹿肉のおやつ”は食べることが出来たようです。

他人や他犬との交わりも少しあったようで、不意に後ろから嗅がれた時はダッシュで逃げたそう。

それでも途中からは少し余裕が出てきて、尾もフリフリしていたようです。
普段の生活で多くの人や犬に会うことはないですから最初に圧倒されるのは予想されていたことですが、途中から余裕が出てきたことが素晴らしいことです。
今後も他犬と交わる経験をさせていきましょう。


今日は”チャイムトレーニング”を行いました。
クッキーちゃんの特徴は最近チャイム音に対しての吠えが出てきていることです。

以前はチャイム音よりもその後の受話器で応答するタイミングなど”人の行動”に対して反応していたのですが、最近は”チャイム音”に反応するようになっているのがポイント。

チャイム音に吠える場合にはその時点でかなりの興奮なので、そこから落ち着かせるのはなかなか難しいです。

そのため、チャイム音の関連付けを”吠える”から”おやつ”に代えることで吠えさせないことが重要。普段からチャイムを鳴らして呼び戻しておやつをあげる練習をしなければなりません。

チャイムを鳴らしたら吠えて手がつけられない場合には、チャイムを鳴らしてすぐにおやつをばらまいてもOKです。

この一連の流れを何度も繰り返してチャイムが鳴ればおやつがもらえることを教えます(^^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ