しつけの基本『アイコンタクト』を教えましょう!

20140929
8月14日、お盆休み真っ只中ですね。
お休み満喫していますか?私は昨日までお休みをいただき、本日より業務再開です。
これから年末にかけて頑張ってまいります。

今回のレッスンは金太郎くんです。
以前と比べてリードの引っ張りも拾い食いも改善されました。
とくに最近はこちらへの意識が高くなったので、おのずと引っ張りにくくなっています。
やはり全てにおいて”アイコンタクト”は重要課題ですね。


アイコンタクトは”名前を呼ぶとこちらを向く”というごく普通の項目なのですが、以外と難しいことに気づくはずです。お家の中で出来ていても散歩中には難しかったり、他犬を前にした状態やその他何かに気を取られている時にはより難しいものです。

いくら”おすわり”や”ふせ”を教えていてもこちらに意識が向いていなければ、どれだけ指示をしてもしないので、アイコンタクトは基本中の基本と言えます。

いきなり屋外の刺激の中で練習しても周りの刺激に意識が向いてしまいなかなか集中できないので、まずはお家のリビングなどで名前を呼んでこちらを向いたらおやつをあげて褒めるようにしましょう。

次にお家のその他の部屋、屋外の人通りの少ない場所、最後に大通りなどと少しずつ刺激の多い場所でも出来るようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ