これから他犬や他人に会わせていきましょう!

IMG_8936ムースくんの訪問レッスンを行いました。
ムースくんはもうすぐ3ヶ月になるチワワの男の子です。

まだお家に来て一週間ほどで、初めて犬を飼う飼い主さんにとっては分からないことが多くて大変なようです。

困っていることは、服や人の手をよく噛みにくることです。
まずはその噛み欲求を満たすための発散できる環境作りが重要ですが、
すでにおもちゃで”引っ張りっこ”や”もってこい”をしてよく遊んでいるようで、
知育玩具も大好きでかなりフードを出すのが上手いのである程度発散できる環境は整っているようです。

環境の次に大切なのはこちらの対応ですが、とにかく噛んできた時には、「イタイ!」と大げさにしっかり伝えて一時的にサークルへ入れましょう。

その他のタイミングでは手で遊ばないようにし、噛まれた時にはこまめに対応することが重要です。
この対策は犬が理解するまでに時間はかかりますが、継続すると少しずつ減少していきます。

トイレについてはサークル内であれば9割方成功していて、外に出すとまだ自分では戻って出来ないとのことでした。

すでに前もってサークルへ入れることでおおよその失敗を防ぐことが出来ているのが素晴らしいです。
今後も継続して管理をし、成功時にはフードをあげて印象に残していきましょう。

ムースくんで気になるのはすでに警戒する様子が見られたこと。
私に対してもすぐに寄ってくるのではなく、少し離れた場所から伺っていました。

フードをあげている間にこちらに来れるようにはなったものの、今後のことを考えると出来れば4ヶ月までに、遅くても6ヶ月までに他人や他犬に触れる経験を積みましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ